【第2回】iPhone5で“使える地図”を表出する方法!/キーマンズネット

鉄板アプリ!Googleの主要サービスはこれ1つでOK!?

もう一つの方法は「Google Apps Browser – G-Whizz!」というアプリを使うやり方です。Googleの主要サービスがほとんどこのアプリでチェックできる鉄板アプリなのですが、当然、Googleマップにも対応しています。

「Google Apps Browser – G-Whizz!」をiTunesでインストールしてください。アプリを開くと画面下の右端に「More」ボタンがありますので、タップしてください。FacebookやGoogle+など、このアプリで使えるサービスが一覧表示されます。画面をスクロールすると、Mapsというアイコンが見つかると思います。Mapsをセレクトしタップすれば、簡単にお馴染みのGoogleの地図にアクセスできます。Gmail、Google News、Google Calendarはもちろん FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアも使える便利なアプリなので、インストールしておくと何かと便利です。これだけの機能を無料で使えるのも嬉しいですね。

尚、Androidユーザの方は引き続きGoogleマップのアプリを使えますので、Google Playからインストールして使ってみてください。

引用元: 【第2回】iPhone5で“使える地図”を表出する方法!/キーマンズネット.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です